FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.05.08 (Mon)

月曜日はお料理だよ〜〜〜

5/1〜5/7まで・・・

この週はそろったほうですよねぇ



DSC_0502_20170508114951e39.jpg

DSC_0504_20170508114950162.jpg

DSC_0505_20170508114949cd0.jpg

DSC_0506_2017050811494842e.jpg

DSC_0507_20170508114948d56.jpg

惜しくも抜けているのは、5/3です。

この日は愛妻が調子が良くなく、

「みそ汁とご飯でいい・・・」とか言ったもんだから、

ほとんど料理らしい料理はしておりません。

具沢山みそ汁とサラダ・・・よって写真無し。


いつもの料理のネタとして参考している、

NHKあさの情報番組「あさイチ」が国会中継のために

短縮放送で料理コーナーがありませんでした(T_T)

そのため、ネタもなく先週の晩ご飯では紹介する程の

料理も無く、寂しい限りです。


そこで、変わりレシピを1つ・・・

5/2(上から2つ目)の写真で、

タケノコ料理の左奥に見えるのが、

実はギョウザです。

ギョウザと一緒に野菜もとれるので、意外とオススメです。

1:フライパンに油を適量(大さじ1/2程度)火をつけます。

2:そこそこ温まったら、ギョウザ6個、円状に並べて、

    置いた面が焼き目やつくまで焼きます。

    火加減は弱火の強火くらい・・・

    焦げないくらいの火加減ということです。

    6個以上入れると野菜を置くスペースが無くなるので、

    これくらいが適量かと・・・・

3:小麦粉:片栗粉:水=1:0.1:10〜12 これくらいの小麦粉液を作ります。

    ここは、ほとんどで目分量でしていますが、

    広島風お好み焼きの小麦粉液程度がベストかなぁ

    ギョウザのハネをつくるための小麦粉液よりもっと濃いめ

    出来上がった生地も食べる感じにしておきます。

4:それをギョウザを焼いているフライパンに入れます。

    量はギョウザと一体にになるように、まんべんなく、

    厚さで言ったら、2m/m〜3m/mくらいか・・・これも適当。

5:その上にお好みの野菜をいれます。野菜は何でもですが、

    太めの千切りにして、ギョウザの間に入れるようにしてほうが、

    食べるときに食べやすいですし、見た目のキレイです。

    また、根菜等の火の通りの遅いものは、

    レンジでチンしてからの方がいいかも・・・

    根菜に加熱時間を合わすと、小麦粉液や他の野菜

    加熱し過ぎになっちゃうかもしれませんから・・・

6:後は蓋をして、ギョウザが食べられるようになって、

    小麦粉液がお好み焼き(チジミ)のようになるまで加熱します。

7:最後に強火にして水分を飛ばせば、出来上がり!!


ギョウザのタレでも、ドレッシングでも、しょう油でも・・・お好みで。

お好み焼きのソース+マヨネーズもけっこうイケます。

野菜は彩りとか考えると、よりキレイだよねぇ。

これからの時期だと、パプリカとかオシャレかも・・・


普通のギョウザの食べ方にちょっと飽きたら、お試しあれ(#^.^#)

安い特売のギョウザでも立派な一品になりまっせ。


基本、分量はオッサンの料理ですので適当ですから、

良い加減の量を見つけてくださいね。


失敗に関しては当局は一切関知しないので、

そこんとこよろしく!!○| ̄|_

スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

18:00  |  お料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hibimoromoro.blog84.fc2.com/tb.php/753-37e72d4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |