FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016.07.27 (Wed)

重度障害者は殺されるべき存在なのか

凄惨な事件が起きてしまった。

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」での殺人事件・・・
AS20160726005254_comm.jpg
出典:www.asahi.com

ニュースの第一報を聞いた際に愛妻が、

「また、自分では死なないヤツが死刑にして、っていう事件か」

こんな印象を漏らしていましたが、

個人的には当初からその印象には非常に違和感がありました。

刃物で人を殺す・・・これは経験則としてそんなに簡単なことではありません。

布団の上からでも当然多量の血は出ますし、

よほど殺傷能力の高い刃物(サバイバルナイフ等)でなければ、刃こぼれもします。

それ加味して、15人を殺害した・・・よほど、強い意志がない限り、できる所行ではない・・・





この想像は的中しました。

この犯人は強い意志ともっといえば正義感を持って、ある特定の人を殺害している。

もっとも恐れていた犯人像でした。

ある意味では宗教に立脚した考えを実現した自爆テロと同じです。

自分が罰せられることより、確固たる自分の思想を実現することを優先した。

この自己犠牲による自己実現という行動は

これは「英雄」になれる素養を持っています。

この「英雄」というキーワードが最も恐れるべき行動規範です。


重度の障害者がこの世に生きている意味・・・

これははっきり言って健常者には分からないこともあります。

生きている生理の全ての時間を誰かの介助が必要な生活・・・

想像することも出来ません。

ただ、言えることはそのような身体が不自由な方にも、

生きていく権利は私たちと同じようにあるということです。


そのように頭では理解していても、心の中の悪魔が囁きます。


「そりゃ、生まれつきの重度の障害者はその環境しか知らんから、

どんな状態でも生きていることが普通だと思うかもしれんけど、

後天的に重度の障害を負った人は

こんな身体では生きていく価値が無い、安楽死したい・・・こんなふうに思うんじゃないの・・・

自分で自分の命の区切りを付ける安楽死はそんなに責められることではないんじゃあ・・・

この発想を、生まれつきの重度の障害者にそれを適応することが、どれだけの罪なん???

生まれつきの重度の障害者は自分で命の区切りをつけることは出来んよねぇ

だったら・・・強い志と信念を持った人がそれを代行するは、なんていう罪なん???

この強い志と信念を持った代行者は、当然、自分の命と引き換えだから、

無期懲役だろうが、死刑だろうが、意に介さないよね。

そのような状態(まさに今です)当事者以外にどんなデメリットがあるん???

実は重度の障害者は多くの人が殺されるのは悲しいけど、

生きている価値は自分たちより劣っているって思ってるよねぇ」





人間ってそれほど理性的には出来ていません。

特に今の社会は弱者は生きにくい・・・

弱いものはより弱いものを見つけようとする。

それを実感、体感することで、かろうじて今の自分の社会的地位を保とうとしている。

「敵を想定して、それを攻撃する社会」

これが政治を含め現代社会の主流をなっています。

強者はいいです、敵を見つけやすいですから、弱者は敵を見つけることは簡単ではありません。

分かりやすい「障害者」のような、より弱い存在をターゲットにします。

こんな社会、ほんとうに望んだんですか???

もう一回、立ち止まって考える必要があるんじゃないのかなぁ???


先の参議院の公約で与党が

「この道を前に!!』(違ってたらごめんね)

この共産主義の様な一つの考え方しか認めない現在の政治から、

立ち止まって、ゆっくり考える時間が必要があったことは間違いないです。

まあ、今更遅いけどね(;_;)


この文章の中であえて「障害者」という単語を使いました。

私は日常的にこの言葉は絶対使いません。

あえて使ったことを言い訳させて頂きます。



久しぶりの投稿が、結構ハードで・・・らしいと言えばらしいか(。-_-。)

次回も宜しくネ・・・何時になるか分からんけど(#^.^#)



スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

17:05  |  社会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hibimoromoro.blog84.fc2.com/tb.php/735-98f62d0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。