FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.06.22 (Wed)

イチローの偉大な記録について、少なめに語る。

ピート・ローズの大リーグ記録の4256安打を抜いて、

世界一ヒットをたくさん打った選手になった。

ただ、ケチを付けたい人にとっては「日米通算」ということ。

20160616-00000004-mai-000-7-view.jpg
出典:headlines.yahoo.co.jp





では、もし、条件を逆にして統一してみたら・・・どうなのか???


1)ピート・ローズがキャリアのすべてを日本のプロ野球だったら・・・

2)イチローがキャリアのすべてをメジャーでおくっていたら・・・



1)の場合・・・

     ピート・ローズは1963年〜1986年 実労24年です。

     時代背景等で考慮しなければならない部分はあるにせよ、

     ピート・ローズは日本のプロ野球では4256安打は

     ほぼほぼ不可能といえる。

     最大の理由は試合数の少なさにある。

     生涯の出場試合は3562試合。年平均約148試合。

     ピート・ローズが活躍した時代は日本では130試合くらいのはず。

     生涯で430試合くらい少ない。

     次に日本の気候に適応出来るかどうか・・・

     雨が多く、湿度も高い。これはアメリカ人には堪えるはず。

     はなして、24年間もプレー出来たのか・・・???



2)の場合・・・

     メジャーでは16年間で2979本(記録更新時点) 年平均約186本

     ここ数年は安打数も少ない。これをメジャーデビューからの数年間と考えてもいい。

     日本では9年間1軍でプレーしているので、

     この期間をメジャーでプレーしたとすれば、9年×186本=1674本

     イチローはプロ野球で9年間に1278本の安打を打っている。

     日本での活躍のようにメジャーでも2年目くらいから

     年間200安打近くヒットを打っていれば、

     もっと早く世界記録の4256本に達している。

     メジャーでの16年間でアメリカ野球への適応力は証明済み・・・

     いろいろな条件はあるにせよ、

     イチローが4256安打を抜く可能性はかなり高い・・・


メジャーリーグにしてもプロ野球にしても、年々野球は変化している。

ルール自体も変わっているので、

昔の記録と今の記録を単純に比較するのは、

メジャーリーグにしてもプロ野球にしても正しく比較出来るのか、かなり疑問だ。

それを考えれば、100年前の記録を更新することも

日米通算で記録を更新することも、

価値としてはそれほど違わないのでないだろう。


イチローが会見で「この最多安打をメジャーで更新する場面に遭遇したい」

様な旨のことを言ったいた。

付け加えて、「それはジーターの用な人格者であってほしい」


『賭博関与で永久追放されているピート・ローズはどう見ても人格者ではない。

人格者でないピート・ローズの記録はただのヒット数にすぎない。

それを抜くこと自体に個人的は大きな意味は無い。

記憶に残る選手なることは間違いない。

その選手として人格的に恥ずかしくない選手(人間)であること。

そのことのほうが、自分にとっては重要なこと、と考える』


私は会見での言葉にしない思いはこんなじゃなかったのか・・・

こんな解釈を勝手にした・・・





だれがなんて言おうと

イチロー世界一であることに疑う余地は無い

スポンサーサイト

テーマ : MLB - ジャンル : スポーツ

タグ : ジーター

16:47  |  スポーツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hibimoromoro.blog84.fc2.com/tb.php/733-cebeddd1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |