FC2ブログ
2012年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2012.12.22 (Sat)

検証:自民党

自民党が大勝でなく、民主党が大敗だ!

なんて報道は山のように出ています。

マスコミも自民党がこんなに勝つとは本意ではないと言わんばかりに、

一斉に自民批判です。まあ、それで金儲けできるんだから、

ある意味簡単で、無責任な話です。

ある週刊誌は、この大勝は大手新聞のおかげ的な記事を書きましたが、

当たらずとも遠からじ、ってとこでしょうか。

と、本筋に入る前に、わが家の晩ご飯ファンの方お待たせしました。

・・・・????だから、そんはファンはいませせんから・・・残念!!
DSC_1219.jpg DSC_1220.jpg
11/19                11/20
DSC_1221.jpg
11/21

実際は自民党が票数を大きく延ばしたわけではないです。

前回大敗の衆院選の比例区は55議席、今回は57議席とほとんど変わっていません。

ということは、自民党への票数は増えていないということです。

小選挙区でも前回の得票率は約38.7%、今回は43.0%です。

議席数が64議席と237議席、こんなに大差がつくほど差はないということです。

これがどういうことかは、あえて言うまでもありませんが、

自民党に投票する人はほぼ決まっているということです。

その上に浮動票(無党派)といわれる人達がちょっとだけ

プラスしたりマイナスしたりになっているということです。

今回、投票率が低かったのも大勝の要因でしょう。

かつて、歴代最も支持率の低かった総理が、「無党派は寝ていてくれればいい」的な

発言でとどめを刺されましたが、今でも状況は変わらないということです。

これは民意を反映したとは言い難いんではないでしょうか。

特に今回の結果は民意とは少し離れたところにあると思います。

前回の民意は打倒自民党でした。今となってはこれもだまされていたわけですが、

当時は積極的に民主党へ選ぶということでした。

前々回民意は郵政民営化でした。

それぞれが政権を運営していく過程では納得いかない、と思った人もいましたが、

選挙の時点ではこの民意は反映されていました。

今回の民意は何だったか? よくわかりません。打倒民主党!!??

選挙の時には民主党は死に体でしたから。その必要は無かったです。

今回は極めて消極的で消去法的な民意です。

国民の過半以上は即時原発停止だったはずが、原発推進、新設容認な党が多数な訳です。

選挙制度に問題があるのでは?こんな話も出ていますが、

中選挙区では、このような政権交代は起こりにくいです。

それを考えたら、小選挙区の議席をへらして1票の格差を無くし、

比例の比率を増やした方がいいかもしれませんが、

ここは個人的にも結論は出ていません。

とは言っても、自民党を信任したことには間違いありません。

原発反対のデモに参加している社会学者が代議制の限界とか、直接民主制的なことを

わけの分からんことを朝日新聞に書いてましたが、愚の骨頂です。

投票率が59.3%な国民ですよ!!なにどっかよその世界のようは話してるんですか。

これが、70%を超えてでも民意が反映されていないのなら、

その議論もよくわかります。まさに代議制は終焉です。

デモは圧力団体と同じですから。そのあたりは正確な理解でお願いします。

その国の政治はその国の国民の反映です。

政治やその制度が悪いわけではありません。

すべて国民、選挙民が選んだことです。

みなさんもそこはお忘れなく!!

スポンサーサイト



テーマ : 毎日の暮らし - ジャンル : ライフ

20:12  |  晩ご飯  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT