FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.01.29 (Fri)

「解散」「契約解除」「辞任」・・・辞める、止めるの大合唱!!

「解散」「契約解除」「辞任」という言葉が年始から途切れることがありません。

この中で最初は芸能ネタの範疇だったものが、いつの間にか社会問題化していました。

個人的にはどの問題も「ハァ〜〜〜」ため息&あきれた感満載です。

現状では大きな話題として引っ張っても、おもしろい話も出てきそうにないので、

チャッチャと簡単に持論を書いちゃおう!!




○「解散」・・・・素人まで見えた芸能界の暗部
    sumasuma-syazai-misesime-arasisakurai-2.jpg
    出典:ringosya.jp/
    「SMAP」が解散しようが、どうなろうが、全く関係ない。

    どうでもいい・・・ってわけではないです。

    「SMAP」が解散しても、これだ個人で活動しているメンバーですので、

    誰かが妨害しなければ、個々にはこれまで以上に活躍するでしょう。

    グループ内の仲が修復できないほど分裂しての「解散」ではないようなので、

    妨害さえ無ければ年1、あるいは数年に1度の元 「SMAP」として活動はできるはずです。

    それを許さないこの妨害「芸能界では当然の行為」と業界に属する人が容認している。

    どこかで読んだけど、これはある意味では独占禁止法に抵触するんじゃないの???

    妨害ができることがステータス。それが一流の証

    変な業界だぜ!!


    一般の会社、業界でも「妨害」と言える行為はたくさんあるでしょう。

    しかし、その裏には部下を引き連れてライバル会社への移籍

    技術、顧客をすべて抱えたままの独立、なんて話も日常茶飯事です。


    津田(津田大介)ちゃんが新聞のコラムで一連の問題から

    芸能も含めてのジャーナリズムについて言及していました。

    『我が国では「真の批判的」なジャーナリズムは存在しない、とうことです。

    メディアがなんであろうと丸呑みをしない、比較検討をし、出来るだけ自分で考える』

    こんな感じで覚えています・・・・違っていたら津田ちゃん、すまん○| ̄|_


    今回の解散問題の教訓・・・・マスコミを鵜呑みにしない・・・くらいかなぁ〜〜〜

                                            大山鳴動してネズミ一匹・・・ってとこ。


    それにしても、「キムタク」カッコ悪かったなぁ〜〜〜

    今まで一番恩義があった人が会社の仕打ちに耐えられず、

    「退社、独立するから、助けてほしい」と懇願された。

    他の4人、とくにN居は大きくそれに賛同した。

    当然、4人は「キムタク」もこの人へ恩義は同じなはず、行動をともしてくれる・・・・

    そのはずが、「キムタク」は自分だけの安定と将来のため

    今この地位がある最大の恩人を裏切った・・・

    これが私の今回の騒動での「キムタク」評です。

    もっとヤンチャで恩義に厚い人・・・

    こんな印象もドラマのつくったイメージの虚像だったってことです。

    まあ、「キムタク」はそれほど好きなわけではないから、ショックというほどでもないけどね。

    「キムタク、カッコ悪!! 判別臭いご都合主義の大人だったんだねぇ」



○「契約解除」・・・・ゲスなベッキー  「両成敗」って誰と誰???
    20160107105844pop@o@po.jpg
    出典: saigaijyouhou.com/
    「不倫」については、好きになって人に既婚者ってことはあるかもしれません。

    ・単純に恋愛関係でよければ、誰にもバレないように慎重にすべき。

    ・結婚したいのなら、周りの人が法的にも心情的にも理解でいるようにすべき。

    これくらいは守ろうよ!!大人なんだからね。


    それよりLINE流出の方が大きい話題じゃないの・・・私はガラケーだけど(#^.^#)

    流出経路、この流出自体が個人情報保護に反するのでは・・・

    流出経路はほぼゲスなヤツの奥さんで決定。その方法は不明だけど・・・

    また、奥さんが持っている不倫の証拠は直接ではないけど、

    マスコミへの売り込みがあった・・・それに呼応したのが、今話題の雑誌らしい。

    この雑誌は次の話題にも関係するだけど・・・ちょっと筋悪いよなぁ


    誰が怖いのか・・・誰が利益を得たのか・・・誰と誰が両成敗なのか・・・
    

    関連記事『人気バンド「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の嫁は妊娠中!?


○「辞任」・・・・甘利明・経済再生担当大臣の辞任
    img_2df2d50e0b1611cebdeccb2ba09cbc33211015.jpg
    出典:www.afpbb.com/
    「政治と金」の問題は有権者にとっては敏感な話題です。

    その点では金額の問題ではないことはいうまでもないですけど、

    個人がもらってのは100万円、事務所&秘書が受け取ったのは500万円・・・

    今までの疑惑とは一桁違う・・・

    その上、今回は仕組まれたシナリオのようになった・・・

    言い換えれば、ある種の意志を持って一連の行動が行われた。

    まさににかかった・・・

    「にかかった政治家の脇のあまさ」・・・この指摘が最も腑に落ちる


    「ある種の意志」 真の意志はどこにあったのか・・・これは解明すべきだし、

    週刊文春はこれについても記事にすべき!!

    ベッキー&ゲスゲスを含めて「作られたスクープ」の印象を抱く人も少なくないはず。

    だいぶ筋が悪いくないですか???週刊文春さん。


    「甘利明」という政治家を支持はしていないです。

    ・その理由は安倍ちゃん内閣の重要閣僚&お友達である

    ・原発推進の親分でたったはずなのに、福島での事故、それ以後のダンマリ

    こんな理由からです。

    しかし、今回のTPP交渉では「スゲェ、頑張ったよなぁ」って印象です。

    TPPの是非はあります。個人的には懐疑的・・・・

    しかし、少ない私の記憶の中で国際交渉の場面でこれほど注意深く、辛抱強く

    結果に結びつけた政治家を知りません。

    海外でも「タフネゴシエーター」との評だそうです。

    TPPも基本的な交渉は終わっていますが、まだまだ一山二山ありそうです。

    その「タフネゴシエーター」がショボい金での問題で辞任した・・・

    「そんな人だったのか!!」  悪い印象しかないでしょう。

    日本的にも大きなマイナスなはずですけどねぇ〜〜〜


    これだけのマイナスの国益

    千葉県の建設会社Sとその会社の総務担当者、一色武さん(62才)の意趣返し+

    週刊文春の利益・・・・

    天秤にかけれるような話かねぇ????


    再度、書きますが甘利さんを支持しているわけではありません。

    決定的に悪いのは甘利さんとその関係者です。

    あまりにも幼稚なに引っかかった・・・この責任は大きいですよo(`ω´ )o


    まあ、特捜が動くような案件では無さそうなので、このまま辞任で幕引きってことかもなぁ

    逆に言えば「特捜も動かないような案件」で・・・

    返す返すの脇のあまさ・・・・アリが群がっているくらいか・・・(*´~`*)


    個人的にはこの問題で一番腹が立ってるのは民主党の反応です。

    それ以外に問題山積なのに週刊誌ネタで政治家としての本業を疎かにすんなよ!!

    もっと建設的な議論しろ!!


1日遅れになって・・・ごめんなさい○| ̄|_  って誰も気にしてないか(=∀=)

久しぶりに早朝から肉体労働をしたために、早寝&爆睡した・・・言い訳(=∀=)

次回も宜しく・・・ネ!!


スポンサーサイト



テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : TPP

13:14  |  社会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |