FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.12.10 (Thu)

「HAPPY」な文字 発泡スチロールで出来てるよ!!

「HAPPY」な文字
文字低解像度
素材は発泡スチロールです。

「あれ????????」と思った人・・・正解!!

各文字は垂直方向に反転しています。

な〜〜〜でか?  それはね、それは型枠だからです。

型枠ってなによ???

これを使ってコンクリートに表面に「HAPPY」という凹み文字の模様をつけます。

コンクリートを施工すると際に指定の形状にするための部材を型枠といいます。

素材や形状はいろいろあります。

発泡スチロールも素材のうちの一つでする。

今回の型枠は「HAPPY」という凹み模様を付けることが目的ということになります。

垂直方向に反転」しているのは、なんでなん??

それは、版画と同じ考え方です。

年賀状なんかで芋版とかゴム版を掘ったことがあるでしょう。

そのとき絵や文字は反転させて掘りましたよねぇ〜〜

版画の出来上がりの絵のある紙の面とコンクリートの表面は同じ・・・ということです。

だから、「垂直方向に反転」が必要なわけです。

文字の詳細はこんな感じ!
文字低解像度H 文字低解像度A

文字低解像度P 文字低解像度Y
大きさは高さが30cmです。

幅はそれぞれの文字が持っている大きさがあるからバラバラですわなぁ〜〜〜

もっと複雑な模様や大きい模様をつける型枠も発泡スチロールで作ることが出来ます。

発泡スチロールっていう素材は意外とおもしろいですよ!!

「それって、どういうこと??」「ひらがなも出来る??」「ちょっと詳しく知りたいなぁ」

こんな方はこちらで詳しく説明しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『発泡スチロールの各種加工。写真・イラストでも形にする職人的な会社です』

スポンサーサイト



テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 発泡スチロール

18:19  |  本職  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.08.26 (Wed)

「お暇なら来てよね。猫の祭展2015」

緊急投稿!!「猫の祭展2015」に参加していること、すっかり忘れてた!!

ご存知の方も多いですが、私、「はりぐるみ師」を名のっております。

名のって、もう10年以上なりますが、全く、有名になりません(泣

そりゃそうだわなぁ〜年に5点くらいしか作らないからね!

その中でも、今年も猫の縛りのアートプロジェクトに参加させて頂いています。

今年のタイトルは猫の祭展2015

岡山市芸術祭にも参加するほどのビックプロジェクトです。

 
こんな感じの作品ですよ!!

発泡スチロール和紙を使った作品です。

どんな風に使ったいるのかは・・・・興味がでて来た人で時間がゆるす人は、

是非、実物をご覧下さい。



 
 隣の猫はリアル猫をつくる「しきのぼる」さんの作品です。

(ブログがありますので、是非一度、ご覧下さい→→しきのぼるのブログ



こんな展示風景です。
 





私の作品を展示頂いているところは

ギャラリー&アトリエCoCoさんです。

ギャラリー&アトリエCoCo facebook:https://www.facebook.com/gallerie.atelier.coco


猫の祭展2015の参加店、場所等の詳細は

専用facebookがありますので、参照頂くとうれしいです。

猫の祭展2015 facebook:https://www.facebook.com/events/846728142064583/

プロジェクト参加店舗さんが15店舗もあるので、

お気に入りの「猫ちゃん」を探してみて下さいネ。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 猫の祭展2015 発泡スチロール 和紙

18:00  |  趣味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.09.11 (Thu)

私、サギ師です。

DSC_サギ

10匹製作予定です。

結構なサギ師でしょう。

素材はお得意の発泡スチロールです。

1つ決めれば、残りは早いだろうけど・・・

途中であきそうだなぁ。

そんな訳で、完成までは短めの更新で!


花子とアン:今日のツッコミ

サギ師でなくなるまで、花子とアン:今日のツッコミは基本的にお休みします。

よほど、気になったら書くね!!

それではごきげんよう、さようなら。

本日の更新は『プチオヤ的:趣味・本業あれこれ』
     『プチオヤ的:政治・経済あれこれ』     9/03更新
     『プチオヤ的:スポーツ・社会あれこれ』  9/08更新
     『プチオヤ的:出来事・晩ご飯あれこれ』  9/09更新
     『プチオヤ的:趣味・本業あれこれ』     9/11更新 new016_06.gif 
     『プチオヤ的:うだ話・芸能あれこれ』    9/05更新

テーマ : お仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : サギ師 発泡スチロール

20:00  |  本職  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.09.01 (Mon)

本業の一つ「発泡スチロール加工業のお仕事」

たまには本業の様子を紹介させてください。

これは神社仏閣にある各所にある模様のうちの「虹梁」と「木鼻」です。

基本はこのような施設は木造で専門の彫刻師の人の仕事となるのですが、

お金や防災等、諸処の理由から鉄筋コンクリート製の建物も多くあります。

その際に神社仏閣特有の模様を施す場合はちょっと知識が無ければ思いつかないでしょう。

その際に最も適性のあるのが発泡スチロール製の型枠です。

この発泡スチロール型枠にはいくつかの利点があります。

詳細はこちらから書いておりますので、よろしければご確認ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「コンクリート壁面に模様を付ける発泡スチロール型枠の加工」

虹梁1 こちらは虹梁です。

 模様(デザイン的)には非常に稚拙で、

 ある意味ではあり得ないような模様ですが、

 この模様は既に決定していたもので、

 こちらではいかんともし難い状況であったということは

 ご容赦のほど・・・


虹梁2 詳細の模様はこんな感じです


虹梁とは本殿の正面(お賽銭するところです)で最初に左右にある柱に渡っている部分です。

ここは一番目立つ箇所の一つですので、凝った模様も多い部分です。

それを考えても今回の模様はあまりに貧弱!!

出来上がりより納期という事情があったこともその理由の一つでもあります、トホホ・・・

これは木鼻部の模様です。これも同様に酷い模様です。
木鼻2

木鼻1 上の2パーツの型枠を

 このように組み合わせて使用します。


木鼻は虹梁の柱を挟んで真反対部分の飛び出している部分です。

ここもある意味では見せ場ですので、本当に様々な模様があります。

象をモチーフにしたデザインなど、結構面白い、興味深い木鼻はたくさんあります。

重ね重ね今回の模様は酷いよねぇ〜〜〜哀しくなります。


と、まぁ重要なのは発泡スチロールを使う事でこんな事も出来ますよ!!ってことです。

こんなこと当たり前のように暮らしてきましたが、未だにこのような活用法を知らない人もいるようで。

PR不足かなぁ〜〜〜と今更ながらに反省!!

今回これを見た人で「へぇ〜」っと感じた人は口コミ、拡散、お願いします!!


発泡スチロールってなかなか思ったように切れないでしょう。

それも熱線を使ってかっとすると意外と簡単です。

その道具はいろりろありますが、いくつか紹介します。

手持ちで自由に使う事の出来るカーターは下の3種類。

見た目でもわかるように左はプロ仕様。中央は工作好きの人向け。右はホビーに近い。
  
右は乾電池で使えるし、安価ですので子供の工作程度ならこれで十分事足ります。

卓上型は垂直にカットする作業には非常に便利です、というかこれがないと出来ないとちょっと困る。
 
左が天板の大きさも大きいのでやや業務用ぽい。

といって右のサイズでも十分商品として販売する事も出来るような加工品を製造する事もできます。

詳細は写真がリンクしているサイトでご確認ください。

ちなみに私は手作りの道具で長年加工をしております。そのほうが融通が利くからね!


『花子とアン:今日のツッコミ』

-残念ながら、きょうはツッコミどころは見つけられませんでした。

-英治さんとのダンスシーンはいい演出でした。

-けなすだけじゃなくって、いいときは褒めますよ

ご覧の方々はどう思いますか?

それではごきげんよう、さようなら。

本日の更新は『プチオヤ的:趣味・本業あれこれ』
     『プチオヤ的:政治・経済あれこれ』     7/06更新 
     『プチオヤ的:スポーツ・社会あれこれ』  8/28更新 
     『プチオヤ的:出来事・晩ご飯あれこれ』  8/23更新
     『プチオヤ的:趣味・本業あれこれ』     9/01更新 new016_06.gif
     『プチオヤ的:うだ話・芸能あれこれ』    8/25更新





テーマ : 仕事の話あれこれ♪ - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 「虹梁」と「木鼻」 発泡スチロール製の型枠 発泡スチロール型枠 発泡スチロール

20:00  |  本職  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |