FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.03.11 (Tue)

反原発ヤロウはくそくらえ!!

今日で東日本大震災から3年です。

はっきり言って私の日常には震災の影響はありません。

忘れてはいませんが実感はまったくないところで生きています。

これが正直なところという人の方が多くなってきているのだろう、と思います。

復興がこれからも続いていく事は間違いありません。

現実的には海辺からの移転や宅地の高台化などの動いている部分もたくさんります。

この言い方がいいのかどうかはわかりませんが、

一足飛びに復興していくことはありません。着実に遠くを見据えて支援が必要でしょう。

ちょっと長くなります。無理〜〜〜って方はここで・・・また明日!!


この時期にあえて原発についてぶっちゃけたいです。

はっきり反原発ヤロウはくそくらえ!!です。

正確に言えば、自分たちだけの事しか考えていない

無責任な反原発を唱えている人たちに腹が立っているということです。

以前にも数度書いていますが、

原発の危険性は事故を起こす前と後とで何かが変わることはありません。

これは批判を恐れずに言わせてもらえば、

北海道から東北、九州南部までの太平洋岸の津波の危険性はありました。

想定外の1000年に1度ではあったにせよ、100%の確率で津波は来る地域です。

その危険のなかで生きていることは確実です。

無責任ということはどういう事かと言えば、

反対する人たちにはどれだけの覚悟があるのかということです。

現状の技術では再生可能エネルギーの価格が高いことは間違いありません。

再生可能エネルギーでつくった電気が現状のような価格帯で

利用できるようになるまでにはかなりの時間がかかります。

一般の生活で必要な電気を作り出す事はそれほど難しくはないでしょうが、

工業などの生産に使い電気を賄うことはできないのが現状です。

まず、私が無責任と想定している人たちは

再生可能エネルギーでの高い電気代を払う事を想定しているでしょうか。

少なくとも原発が無くなれば1.5倍以上の電気代になることは間違いないでしょう。

話はまたちょっとズレますが、

再年度の太陽光発電での電気の買い取り価格は下がる傾向にあります。

これは太陽光発電にとってはよくないことです。

その面だけをみても太陽光発電の運用技術には課題が多いのでは・・・

今は火力発電で十分賄えているだろう!!という人もいるでしょうが、

自分たちの生活を維持するために、二酸化炭素をどんどん排出するような生活を

何時までするつもりか逆に聞きたいです。

このように自分たちが今以上の負担をすることができるのか、

低電気使用な生活スタイルに変える事ができるのか、ということです。

反対するのなら、そのような裏付けを持ってしてほしいです。

日本に暮らしていない芸能人が大きな声で反対していますが、

いい加減にしろ!!って言いたいです。

また、東電の問題は発覚している部分はありますが、

原発反対ということがそれに関連した地域や人までを

悪モンにしてしまっていることにもなっているように感じているのは私だけでしょうか。

反原発と言っている人たちは何に反対しているでしょうか。

せめて、そこだけははっきりさせて反対するくらいはしてほしい。

事故が起きて恐怖の種類や大きさが分からない時点での反対するのと、

3年が経ち今の時点で反対するということは

同じではないはずですし、同じではいけないはずです。

産業としての原発は大きくなっていく分野ではないでしょうが、

0になることもないでしょう。

それは少なくとも学問として維持していく必要があるからです。

廃炉技術もこれから開発しなければならない個所もたくさんあるわけですから。

しかし、原子力発電の産物である放射能は今の人間の技術では制御できていません。

除染ででた低放射能の土壌等の処理すら出来ないのに

核のゴミの管理ができるわけがありません。そんなことは子供でわかります。

それでもなお原発を維持していくことを決めた人たちは

核のゴミの管理方法の期限を定めて世に問う必要はあります。

その覚悟はできないのなら、これ以上原発を作ることはしてはいけないはずです。

このようにお互いの覚悟がたりないことが現状の最大の問題です。

現時点では普通に運転を停止した原発を廃炉をするためには

10年という事は言われていますが、これも確実ではないようです。

それを考えても100年というスパンで原発を無くすということが現実的です。

その間にしなければならないことがいくつもあります。

それをする学問と技術を熟成させていくことです。

反原発ではなく、

核のゴミの管理技術、廃炉の技術、二酸化炭素を出さない発電の技術、

このような技術開発をしてくれ!!っていう

活動をしなければならないということです。
スポンサーサイト



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか - ジャンル : 政治・経済

タグ : 反原発 津波 再生可能エネルギー 核のゴミ

20:00  |  政治  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |