FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.10.20 (Mon)

小渕優子代議士の辞任 心情的な面を中心に考察する

これだけ、政治の大事件が起きたのですから、素通りするわけにもいくまい。



小渕優子経済産業大臣がお金の問題で辞任することとなった。
20141020-00000016-jijp-000-4-view.jpg

個人的にこの人に政治的な才覚があることは無いと言い切ることができる。

しかし、今まで多くの政治家のお金の問題が事件と今回の事件とは

同じとは到底思うことが出来ない。


政治家のお金での最大の問題は、虚偽の報告や隠蔽によって作る出されたお金が

結局、自分のところへ帰ってきていることにある。

その結果、隠された幾ばくかのお金はどこへ使ったかがわからない。

そこに政治と金の問題や闇があるということだ。

今回の小渕優子代議士の問題は使い道ははっきりしているが、収支が一致しない。

その一致しないということも入りが多くて出が少ないのではなく、

入りが少なく、出が多いということで、持ち出しが多いということになる。

この収支がどうしてこれだけズレているのかは、まだ不明、調査中のようだが、

自分のために政治的に何に使ってもいい金をつくったということは無いということだ。

少なくとも現時点ではその事実はかなり飛躍的な見解といえる。

このことだけでも「同じ」というにはかなりの違和感がある。


また、政治資金の収支を政治家が全て把握していることはあり得ない。

この事実に対して、「一般の会社では収支をトップが把握していないことはあり得ない」というような

意見もありますが、一般企業と政治家の収支(政治団体)を同じ土俵で論じることには

かなり無理があると言わざるを得ない。

企業の社長は多くの場合、一足飛びに社長になることはない。

その社長になる段階で多くのことを把握していく。

またそれが出来ないような人は社長には不適ともいえる。

他社などから抜擢されたとしても、就任の際に全てを把握することが最初の仕事である。

小渕優子代議士の場合はどうか?

お父さん(小渕 恵三)が急死され、その後継者として突然担ぎ上げられた。

このことは小渕優子代議士の周辺では色濃く生きている。

ある意味では小渕優子代議士にとってはトラウマとなっているほどではないだろうか。

分かりやすく言えば「代議士にしてもらった、代議士にしてやった」ということだ。

この環境の中、お父さん(小渕 恵三)の時代から働いている職員のすることに

突っ込んだ自分の意見が言えたのか?意見どころかチャックさえすることもはばかられたのでは・・・

その際たる部門が収支報告書を作成する会計の部分だあることは容易に想像できる。

そのあきらめと信頼の上に成り立っていた政治資金の収支を行う会計担当の

あまりに稚拙な落ち度といえる。

本人の言葉で「私もわからない、理解できない」ということがよく言い当てている。
20141020-00000018-jijp-000-3-view.jpg

意図的にそのような行為をして、おとしいれようとしているのでは、と思わせるほどである。

本人の会見で収入は確かにあるはずなのに記載が違っているようなので、

小渕優子代議士の裏金としてプールしている、という可能性もでてきてはいるが・・・


このような情緒的に同情できるな面が無いわけではない。

現状はどちらに転んでも法律に触れる可能性が高い。その罪が誰にあるのかは定かではないが。

仮にある目的を持ってお金を補填しているとなれば、公職選挙法に抵触する。

また、収支報告書の虚偽があれば政治資金規正法違反になる。

もし、着服し選挙等の裏金として利用されていれば、横領などという言葉もでてくる。

これもふまえて、だれが主体的このような誰が見ても不可思議な報告書を

何のために作成したかということだ。

その点がこれからの焦点ではあるが、

小渕優子代議士も第三者による調査を行う予定にしているようだ。

この報告が公表されることが、小渕優子代議士の説明責任である。

これからの小渕優子代議士の政治家生命のためにも必ず公開されることを望む。


現時点で小渕優子という政治家に多くを期待していることはない。

ただ、右より一辺倒の現内閣にあって、信条的にニュートラルなイメージは持っていた。

それが甘い、中途半端と指摘すれば、外れてはいないが・・・・

ふんわりとして印象を能力以上に難しい問題の解決に利用されたという評もあるが、

そのような存在が無意味なのか、と言えばそうとばかりとも言えない。


2世政治家である、政治経験の無いままに代議士になってしまった、

古いタイプの政治家のシステムを引きずっている、女性である、等々・・・

小渕優子代議士の背景にはこのような現実がある。

また、神輿となりやすいタイプである。このことは必ずしも政治家として悪いことではない。

ただ、スタッフ、ブレーンはよほど気をつけて、選任することはマストである。

今回はそこが間違っていた可能性が高いのでは・・・


まだまだ、書きたいこともあるが、長くなりすぎたので、またの機会に・・・


マッサン:今日のツッコミ

-仕事と家庭はきっちり分けた方が問題が起きにくいよ。

-日本人のメンタルな部分が分からないので心配だろうけど・・・

-マッサンを信じてあげてな!エリーちゃん

それではごきげんよう、さようなら。


本日の更新は『プチオヤ的:政治・経済あれこれ』
     『プチオヤ的:政治・経済あれこれ』     10/20更新 new016_06.gif 
     『プチオヤ的:スポーツ・社会あれこれ』  10/19更新
     『プチオヤ的:出来事・晩ご飯あれこれ』  10/08更新
     『プチオヤ的:趣味・本業あれこれ』     10/14更新
     『プチオヤ的:うだ話・芸能あれこれ』    10/16更新
スポンサーサイト



テーマ : 安倍内閣 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 小渕優子代議士 小渕優子

20:00  |  政治  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |