FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.03.06 (Thu)

ドキュメンタリー映画も真実ではないよ

映画とやらせはかなり微妙な関係ですよねぇ。

ドキュメンタリー映画でも台本はあるわけですから・・・

1から10までがその順番をそのままにカットもせずに

映像が出来ているかと言えば、そんなことは決してありません。

映画のコンセプトに都合のいい事実ばかりを時間経を入れ替えても

ドキュメンタリーというカテゴリーになります。

これは事実ですが真実ではありません。

この映画『ガレキとラジオ』か事実ではないことが映像化されているようですが、

監督たちは「ドキュメンタリーとして許される範囲の『演出』」と解釈していたようです。

真実の映像ではなかったですが、

その映像を創作してもそれほど害はない事実はあったそうです。

その上、本人にも確認、了承の上、映像化しているらしい・・・

(詳しくは上記リンクサイトで確認ください。)

まさにこのやらせ事件は過剰反応だよなぁ〜〜〜〜

まあ、近々の状況的にはしょうがないところもあるにはあるか・・・

でも、今回はそれほど盛り上がってないようで、ちょっとホッとするね。

ドキュメンタリーと言っても創った映像ということですよ。

映像で上手に事実が伝われば成功でしょうけど・・・

ただ、想田和弘監督が撮る「観察映画」はかなり真実に近い・・・らしい。

というのは、1本しか見てないからねぇ〜〜〜

人は演出しなくても面白いということなんでしょうか。

   
DVDは出ています。もしよければ・・・・

去年の「選挙2」は結構おもろかったけど・・・

では、また明日!!

スポンサーサイト



テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

タグ : ドキュメンタリー 映画 やらせ 想田和弘監督

20:00  |  日出来  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |